プライスジャッジ 成功報酬型の経費削減調査代行サービス

サービスの特徴

概要

物品(備品・資材)の購入、内装・外装・敷地工事発注や設備投資時に、貴社で取られた見積書、仕様書などをもとに、当社がお客様に代わって、対象業者を新たに調査、選別し、価格交渉の上、さらにコストダウンをはかるサービスです。

特徴

  • 見積もりを取る業者の調査、連絡、吟味、価格交渉などの煩雑さや手間が不要になります。
  • 見積価格の適正さ、妥協性が明確になります。
  • 当社の調査は広範囲に及び、独自の交渉も交えて行うので、案件によっては大幅な経費削減になります。
  • 料金は成功報酬なので、万が一ご成約に至らなかった場合、費用は発生しません。
サービスの流れは、大きく以下の2通りに分かれます。
  • ・削減型交渉代行サービス
    →成功報酬は、成約時のみに値下げ幅の30%
  • ・提案型交渉代行サービス
    →成功報酬は、成約時のみに値下げ幅の10%

【対応可能な案件内容】

  • 備品、設備などの物品の購入時に
  • 改装、内装、事務所・店舗移転に伴う工事発注時に
  • 印刷物、製作物の発注時に
  • 各種システムの導入時に
  • 建物の清掃、警備などの委託先見直し時に
  • 各種保守点検や定期点検・検査などの委託先見直し時に
  • 建物の解体、土地の舗装工事発注時に
  • 商用車の購入及び売却時に
  • PR広告費(電車・バス・看板などの掲示物含む)の委託先見直し時に

【特殊な案件内容】

  • 協働ロボットの導入検討時に
  • 温暖化ガス削減対策の、エネルギー源の見直し・設備システムの導入、構築時に
  • 耐震対策の、設備導入・構造設計の見直しなどに

担当者プロフィール

代表 河口栄二

東京で長年、総合月刊誌や単行本で、時事・社会問題の作品を発表。
そこに求められるのは特殊で綿密な情報収集・取材力、交渉力、スピードの速さです。
本サービスでは、そうした経験をバックボーンにして、全ての案件について代表の河口が指揮をとる体制を敷いています。


■主な掲載誌(1975年~)

[総合月刊誌]
「創」「現代の眼」「流動」「潮」「現代」「NEXT」「中央公論」「婦人公論」「諸君」「文芸春秋」
[週刊誌]
「朝日ジャーナル」「アエラ」

■著書

[ノンフィクション]
「米軍機墜落事故」(朝日新聞社、1981年)
「我が子、葦舟に乗せて」(新潮社、1982年)
「濁流~雨に消えた299人」(講談社、1985年)
「東京クライシス」(三省堂、1985年)
「神への挑戦・人工心臓にかけた男」(時事通信社、1987年)
「瀬戸大橋をかけた男」(三省堂、1988年)
[専門医評価本シリーズ]
『迷ったときの医者選び - 広島』・初版本担当(南々社、1999年6月)
『迷ったときの医者選び - 大阪』・初版本担当(南々社、2000年9月)
『迷ったときの医者選び - 東京』・初版本担当(南々社、2000年12月)

■監修

[獣医師評価本シリーズ]
『イヌ - ネコの実力獣医師 - 広島』(南々社、2008年12月)